P/E比率対EPS対収益利回り:どのような'Sの違いは何ですか?

P/E Ratio vs.EPS vs.Earnings Yield:概要

株価/収益率(p/E)比率は、”収益倍数”とも呼ばれ、投資家やアナリストが使用する最も一般的な評価尺度の一つです。 P/E比率の基本的な定義は、株価を1株当たり利益(EPS)で割ったものです。 比率の構成は、評価の目的のためにP/Eの計算は特に有用になりますが、特に異なる楽器間で、潜在的なリターンを評価する際に直感的に使用するのは これが収益利回りの出番です。

キーテイクアウト

  • P/E比率の基本的な定義は、株価を1株当たり利益(EPS)で割ったものです。
  • EPSは、企業の収益性のボトムラインの尺度であり、基本的には純利益を発行済株式数で割ったものとして定義されています。
  • 収益利回りは、EPSを株価(E/P)で割ったものと定義されています。

P/E比

特定の在庫のP/E比は、単独では有用であるが、以下のような他のパラメータと比較するとより有用である:

  • セクター P/E:そのセクターの他の同様のサイズの企業のものと株式のP/Eを比較するだけでなく、セクターの平均P/Eに、株式がそのピアに比べてプレミアム
  • : 一定期間にわたってそのP/Eの範囲と株式のP/Eを比較すると、投資家の認識の指標を提供します。 投資家はその成長がピークに達したことを認識しているため、株式は過去よりもはるかに低いP/Eで取引されている可能性があります。
  • P/Eと収益の成長率PEG Ratio:PEG ratioは、P/Eと将来または過去の収益の成長率を比較します。 10のP/Eと10パーセントの収益成長率を持つ株式は、1のPEG比を有し、10のp/Eと20パーセントの収益成長率を持つ株式は0.5のPEG比を有する。 PEG比によると、第二の株式は、最初の株式と比較して過小評価されています。

同様に、P/Eには主に二つの形式があります:

  • 末尾のP/E:これは、末尾の4四半期または12ヶ月のEPSに基づく価格/収益率です。
  • Forward P/E:この価格/利益率は、現在の会計年度または暦年、または翌年などの将来の推定EPSに基づいています。

評価尺度としてのP/Eのプリエミネンスは、広く使用されていない収益利回りによっていつでもすぐに脱線することはまずありません。

収益利回りの主な利点は、潜在的なリターンの直感的な比較を可能にすることですが、次の欠点があります:

  • 不確実性の大きい程度:収益利回りによって示されるリターンは、債券商品からのリターンよりもはるかに大きな不確実性を有する。
  • ボラティリティの増加:純利益とEPSは年ごとに大きく変動する可能性があるため、収益利回りは一般的に債券利回りよりも揮発性が高くなります。
  • : 実際のリターンは、特に何の配当や小さな配当を支払わない株式のために、収益利回りから大幅に発散することができます。

例として、架空のウィジェットCoを想定します。 trading10で取引されており、今後1年間でEPSでEPS1を獲得します。 それが配当として全額を支払う場合、会社は10%の示された配当利回りを持つことになります。 会社が配当金を支払っていない場合はどうなりますか? この場合、Widget Coへの潜在的なリターンの一つの道。 投資家は、利益剰余金のおかげで会社の簿価の増加によるものです(すなわち、利益を上げましたが、配当金として支払いませんでした)。

物事をシンプルに保つために、Widget Coを仮定します。 帳簿価額で正確に取引されています。 一株当たりの簿価がinvestor10からretained11に増加した場合(利益剰余金のincrease1増加による)、株式は投資家への10%のリターンのために$11で取引されます。 しかし、市場とウィジェットCoのウィジェットの供給過剰がある場合はどうなりますか。 簿価に大きな割引で取引を開始しますか? その場合、10%のリターンではなく、投資家はWidget Coから損失を被る可能性があります。 保有。

EPS

EPSは、企業の収益性のボトムラインの尺度であり、基本的には純利益を発行済株式数で割ったものとして定義されています。 基本EPSは分母の発行済株式数を使用し、完全希薄化EPS(FDEPS)は分母の完全希薄化株式数を使用します。

収益利回り

収益利回りは、EPSを株価(E/P)で割ったものと定義されています。 言い換えれば、それはP/E比の逆数である。 したがって、収益利回り=EPS/価格=1/(P/E比)は、パーセンテージで表されます。

A株が10ドルで取引されており、過去1年間(または「ttm」と略記)のEPSが50セントであった場合、P/Eは20(P10/50セント)、収益利回りは5%(50セント/$10)である。

銘柄Bが20ドルで取引され、そのEPS(ttm)が2ドルであった場合、P/Eは10(すなわち、20ドル/2ドル)であり、収益利回りは10ドルである。10% ($2/$20).

AとBが同じ分野で事業を行っている類似企業であり、資本構造がほぼ同じであると仮定すると、どちらがより良い価値を表していると思いますか?

明白な答えはBです.評価の観点から,それははるかに低いP/Eを持っています.収益利回りの観点から,Bは10%の利回りを持っています,これは、株式に投 これは、投資されたすべてのドルが5セントのEPSを生成することを意味します。

収益利回りは、例えば株式と債券の間の潜在的なリターンを比較することを容易にする。 健全なリスク選好度を持つ投資家が株式Bと6%の利回りを持つジャンク債の間で決定しようとしているとしましょう。 株式Bの10のP/Eとジャンク債の6%の収率を比較することは、リンゴとオレンジを比較することに似ています。

しかし、株式Bの10%の収益利回りを使用すると、投資家はリターンを比較し、4%ポイントの利回り差が債券ではなく株式への投資リスクを正当化するかどうかを判断することが容易になる。 株式Bが4%の配当利回りしか持っていなくても(これについては後で詳しく説明します)、投資家は実際のリターンよりも潜在的なリターンの合計につ

1:28

P/E、EPS、収益利回りを比較する

特別な考慮事項

配当を支払う株式でよく発生する問題の一つは、配当率であり、これはEPSの割合として支払われた配 配当性向は、配当の持続可能性の重要な指標です。 会社が一貫してそれが純利益で稼いでいるよりも多くの配当金を支払う場合は、配当金は、いくつかの点で危険にさらされている可能性があります。 配当性向のあまり厳格な定義は、一株当たりのキャッシュ-フローの割合として支払われた配当を使用していますが、我々はこのセクションで配当性向を次のように定義します:一株当たり配当(DPS)/EPS。

配当利回りは、株式の潜在的なリターンを測定するために一般的に使用される別の尺度です。 4%の配当利回りと6%の可能な感謝を持つ株式は、10%の潜在的な総リターンを持っています。

配当利回り=一株当たり配当(DPS)/価格

配当性向=DPS/EPSので、分子と分母の両方を価格で割ると、

配当性向=(DPS/P)/(EPS/P)=配当利回り/収益利回り

Procter&Gamble Coを使用して、この概念を説明しましょう。 P&Gは2018年5月29日に74.05ドルで引けた。 株式は19.92のP/Eを持ち、末尾の12ヶ月のEPSに基づいて、3.94%の配当利回り(ttm)を持っていました。

P&Gの配当性向は、

P&Gの配当性向は、= 3.94 / (1/19.92)* = 3.94 / 5.02 = 78.8%

*収益利回り=1/(P/E Ratio)

配当性向は、過去1年間のDPS(2 2.87)をEPS(3 3.66)で割るだけで計算することもできます。 しかし、実際には、この計算は、一般的にあまり広く特定の株式の配当利回りとP/Eよりも投資家によって知られている一株当たりの配当と利益のため

したがって、配当利回りが5%の株式がP/E15(収益利回りが6.67%)で取引されている場合、配当性向は約75%です。

Procter&Gambleの配当の持続可能性は、2018年5月のs&P500の全構成銘柄の中で最も高い配当利回りを11%以上とした、通信サービスプロバイダーのCenturyLink Incのそれと比較してどのように比較されていますか? Closing18.22の終値で、それは11.68%の配当利回りを持ち、8.25のP/Eで取引されていました(12.12%の収益利回りのために)。 配当利回りは収益利回りをわずかに下回っており、配当性向は96%でした。

つまり、CenturyLinkの配当は、過去一年間のEPSとほぼ同等であったため、持続不可能である可能性があります。 このことを念頭に置いて、配当の持続可能性の高い株式を探している投資家は、プロクター&ギャンブルを選択する方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。