ESCI KSP

スルハンジャヤ-テナガ本社(ダイヤモンドビル)は、建物のエネルギー消費量&飲用水の使用量を削減し、持続可能な建築材料の使用を促進すると同時に、室内環境の質を向上させる技術を紹介するように設計されている。

この建物は、高温多湿の気候のためのエネルギー効率と持続可能な建築技術を採用したユニークなモデルです。 建物の封筒/アトリウムの設計、機械および電気システム、日光のアクセス、美化および物質的な選択への全体アプローチはこの環境的に責任がある団体の本部の設計を可能にした。

ダイヤモンドビルは、以下の側面を考慮して、持続可能な建物として設計-建設されました:

  1. 化石燃料の削減
  2. 節水
  3. 持続可能な建築材料
  4. 廃棄物の最小化と回避
  5. 屋内環境品質
  6. 交通と輸送管理
  7. 建設と解体管理計画

エネルギー使用量を65%削減することを目標としており、エネルギー指数は85kwh/m2/年で2,800時間の使用量で、エネルギー指数が250kwh/m2/年である通常のオフィスビルと比較している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。