糖尿病と急速に進行する肺炎|大学院医学研究科

p740の回答。

過去1年間に1型糖尿病を患っていたことが知られていた20歳の男性は、悪寒と厳しさを伴う高悪性度の熱を持ち、15日間喀出して咳をしました。 入院前にインスリンを服用しなかった後,上腹部痛,おう吐,頻呼吸で入院した。

検査で、彼は適度に脱水されましたが、よく指向されました。 彼の脈拍は120拍/分レギュラー、血圧110/70mm Hgであり、熱性であった。 胸部は左肩甲間領域に細かい裂傷を認めた。 他の全身検査は正常であった。

調査では、彼のスポット毛細血管血糖値は24.3mmol/l、pH7.25、重炭酸塩4mmol/l、アニオンギャップ37mmo1/l、動脈酸素圧13.3kPa、動脈二酸化炭素圧1.2kPaであった。 尿ケトンは強く陽性であった(4+)。 血清ナトリウム濃度は134mmol/l、カリウム3.8mmol/l、尿素10.5mmol/l、クレアチニン45μ mol/lであり、血液学的調査では101g/l、総白血球数18のヘモグロビンが示された。9×106/lで81%の多形。 胸部x線写真では左中-下部に浸潤を認めた。 血液およびかくたん培養は無菌であった。 生理食塩水静注,カリウム補給による適切なインスリン注入,アモキシシリン-クラブラン酸,アミカシン,メトロニダゾールを受けた。 彼は24時間以内にケトアシドーシスから回復し、pHは7.47まで上昇し、動脈酸素圧力は13.10kPa、動脈二酸化炭素圧力2.27kPa、重炭酸塩13mmol/lであり、飽和は98%であった。 しかし、彼の熱は衰えなかった。 彼の動脈の酸素圧と酸素飽和度は6に低下した。それぞれ93kPaおよび90%。 動脈酸素圧/分画吸気酸素比は、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を示唆する<150mm Hgであった。 胸部x線写真で両側肺浸潤が認められた(図1)。 補助換気を行い,抗生物質をセフチジジム,ネチルマイシン,クロキサシリン,メトロニダゾールに変更した。 その後,上部消化管出血を認め,輸血とラニチジン静脈内投与を行った。 彼は逆比換気にもかかわらず低酸素のままであり、呼吸性アシドーシスを発症した。 肺病変は治療に反応せず、彼は病気で死亡した。 死後肺生検を行った。

図1

両側性肺炎を示す患者の胸部x線写真。

質問

(1)可能な診断は何ですか、この患者をどのように調査しますか? (2)どのように状態を管理しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。