慢性不眠症患者の睡眠に対するデルタ睡眠誘導ペプチドの効果

要約

睡眠に対するデルタ睡眠誘導ペプチド(DSIP)の影響は、二重盲検一致ペア並列グループの設計に従って16人の慢性不眠症患者において研究された。 被験者は実験室で5泊連続して寝た。 第1夜は適応のために使用され、第2夜はベースライン測定のために使用された。 第3、第4および第5夜の前の午後に、患者の半分は静脈内で25nmol/kg体重DSIPを受け、患者の半分はグルコース溶液(プラセボ)を受けた。 睡眠構造、客観的(ポリソムノグラフィー)および主観的な睡眠の質および主観的な疲労のための尺度を評価した。 客観的な睡眠の質の結果は、プラセボと比較して、DSIPでより高い睡眠効率と短い睡眠潜時を示した。 主観的に推定された疲労の一つの尺度は、DSIP群内で減少した。 しかし、データ分析は、統計的に有意な効果が弱く、部分的にはプラセボ群の偶発的な変化によるものである可能性があることを示唆した。 主観的な睡眠の質を含む他の手段のどれも変化を示さなかったので、DSIPによる慢性不眠症の短期治療は主要な治療上の利益ではない可能性が高い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。