地球を救うために10年がある'の生物多様性人間による大量絶滅が定着するにつれて、国連は

(CNN)地球のほぼ3分の1を2030年までに保護し、残りの野生生物を救うために汚染を半減させる必要があると警告している。国連機関によると、地球の6番目の大量絶滅の時代に入ると、地球の残りの野生生物を救うためには、汚染を半減させる必要がある。

国連生物多様性条約は、今後数十年の間に進行中の生物多様性の危機に対処するための世界的な目標を設定する計画案を月曜日に発表した。

同条約は、2010年に日本でのサミットで同様の目標を設定していた。 しかし、世界はこれらの2020の目標のほとんどを達成することができず、今では前例のない絶滅率、絶滅の危機に瀕している生態系、そして人間の生存に

もっと見る

“生物多様性とそれが提供する利益は、人間の幸福と健康な惑星にとって基本的なものです”と計画案は読んでいます。 “継続的な努力にもかかわらず、生物多様性は世界的に悪化しており、この減少は通常のビジネスシナリオの下で継続または悪化すると予測されてい”

この条約は、脆弱な生物多様性を2030年までに安定させ、生態系を2050年までに回復させ、”自然と調和した生活”という最終的なビジョンを可能にすることを目的としているが、これらの目標は、地域レベルとグローバルレベルの両方で緊急の行動を必要とする。

これを達成するために、計画案は、炭素排出量の削減から食品の持続可能性に至るまで、次の十年のための20の目標を定めています。

一つの目標は、生物多様性にとって重要な場所に保護された地位を与えることであり、2030年までにこれらの陸域と海域の少なくとも30%をカバーし、”厳格な保護”の下で少なくとも10%をカバーすることである。”もう一つの目標は、殺生物剤、プラスチック廃棄物、および過剰な栄養素からの汚染を少なくとも50%削減することです。

その他の2030年の目標には、すべての野生種の取引が合法かつ持続可能であることを保証し、経済部門と個人消費に持続可能性を高め、先住民コミュニティ

いくつかの目標は、最も脆弱なコミュニティのためのより良い食料安全保障と清潔な水を提供するなど、人間の生活の質に焦点を当てています。

この計画は、中国の昆明で開催される生物多様性サミットで10月に確定し、採択される予定である。

地球は6度目の大量絶滅に入った

何年もの間、科学者たちは私たちが大量絶滅の真っ只中にいると警告してきました-惑星の歴史の中で6番目、

象は一世代のうちに野生から消える可能性があります。 両生類の個体群は崩壊している。 そして、気候変動は海洋を温暖化させ酸性化し、サンゴ礁を絶滅させる恐れがあります。

記事ビデオ

合計で、世界の800万種のうち100万種が現在絶滅に直面しており、その多くは数十年以内に、国連は2019年に警告した。 世界的な種の絶滅率は、過去1000万年の平均よりも少なくとも数十数百倍高いです。

主な脅威は、生息地の縮小、天然資源の搾取、気候変動、汚染である、と2019年の国連報告書は述べている。 人間は、産業革命以前から地球の土地の75%と海洋生態系の66%を変えてきました-海洋に投棄された廃棄物から人間が導入した外来種まで、さまざまな形

もっと見る

私たちは世界の自然生態系を破壊しました-過去250年間で約600種の植物種が一掃され、人間の介入なしでは500倍の絶滅率です。 植物の大量絶滅は、それらに依存する何百万もの種-人間を含む-のためのトラブルを綴る。

問題の大きな部分は、人口増加、需要の増加、資源の枯渇にあります。 人口の増加に伴い、私たちは餌を与える口が増えましたが、これまで以上に資源が少なくなりました。 地球の生物多様性の低下は農業を脅かし、家畜の品種や作物を危険にさらします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。